シーバスリーガル・アルティスは、

名高い5銘柄のシングルモルトウイスキーを贅沢に使用した、

ブレンデッドモルトウイスキーで、

それはクラフトマン達による歴代5名のマスターブレンダーへのオマージュ。

ULTIS[アルティス]とは、英語のULTIMATE[究極]と、

ラテン語のFORTIS[力]を合わせた造語で、”究極の力”を意味します。

スコットランド最終日。

キルト衣装に着替え下のBARへ向かうと、

シーバスリーガル・アンバサダーがカクテルと笑顔で迎え入れてくれた。

私たちはカクテルで喉を潤してから、ゲストハウス内の別の部屋へ移動した。

そこでは地元キースの子供たちが民族音楽と踊りで楽しませてくれ、

食前に今日の夕食はとても特別なものだと知らせてくれる。

きりっと冷やされた白ワインも、メインに合わせ用意された赤ワインも

コンディションともに最高、ダイニングテーブルのセッティングも完璧だった。

今夜のメインディッシュはシェフ自らが仕留めた鹿、

しかし、その前に仰々しく運ばれてきたのがスコットランドの「ハギス」であった。

バグパイプの演奏者に続き、シェフがダイニングルームまでハギスを運んで演出。

それがこの地方にとって「ハギス」がどれだけ特別なものなのかがうかがえた。

スコットランドでは販売されていないシーバスリーガル・ミズナラ12年と

 

スコットランドの郷土料理のひとつハギス。

「ハギスの儀式」を執り行ってくれたシーバスリーガル・アンバサダー。

彼は陽気な男だが、この儀式の際の顔つきは真剣そのものであった。

そして、ハギスにはシーバスリーガル・ミズナラ12年をかけソースとしていただき、

 

あらためてミズナラ12年で乾杯をした。

歴代5名のマスターブレンダーへのオマージュとして生まれた「シーバスリーガルアルティス」。

シーバスリーガル・アルティスで我々5名のゲストを歓迎してくれたコリン・スコット氏。

彼が生みだした「アルティス」を、彼とともにいただく贅沢な時間。

これこそが究極の贅沢。

贅沢な時間にはシーバスリーガルが最も似合う。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK