Return to site

豊かな時間

絆とは、語らうことによりより太くなり、そして確かなものとなる

人との出会いが最もあったのは学生時代だっただろうか。
大人になると「友人」とはなかなかできないものかもしれない。
彼は久しぶりに大切な仲間とともにやってきた。
この夜、彼が燻らせたのは親友が選んだモンテクリストのNo2。
彼の親友はグレンキンチーを飲りながら、
パルタガス・セリーD No4を妻とともに燻らせていた。
友達100人できるかな?
そんなことを刷り込まれた幼少時代、
友達は沢山いた方が良いとわかっていても、
大人になればなかなかできぬのが友達かもしれない。
しかし、BAR でたまたま隣同士になった者たちが、
家族ぐるみの付き合いをはじめることもある。
本当の友達は、ほんの少しでも人生を豊かにしてくれる。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly