Return to site

香炉からの煙

葉巻の煙は、神社で焚かれる香炉の煙そのものなのだ…

ラファエル・ゴンザレスを燻らせた後に
彼がチョイスしたのはエル・レイデル・ムンド・シュワスプリームであった。
国内外を問わず出張の多い彼は、その分、家族と過ごす時間が少なくなる。
まだ幼い息子達ががいる彼にとって家族とは力の源となる。
そんな彼がときどき独りで来ては葉巻を燻らす。
違った力の源を得るために。
今夜のエルモソが灰になる頃、香炉の煙を身体中に浴び
「世界の王様」から特別な力を分けていただく。
まさにそれは特別な儀式。
葉巻にはそんな力も兼ね備えている。
男なら独りになり力を蓄え英気を養う時間が必要なのだ。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly