Return to site

父とともに

BAR で過す親父との時間。
その想い出は一生消えることが無い・・・

いつものように父親と一緒にやってきた夜、
彼は初めてBAR という空間で葉巻を嗜んだ。
彼が燻らせたのはロメオ・イ・フリエタのデューク。
当時話題となった2009年のエディシオン・リミターダである。
高価な葉巻の味わいや紫煙の香りなど、
今の君がわからなくたってかまわない。
君が父親と過ごすこの時間は、
一生記憶から消されることは無いのだから。
BAR という空間はそういうもんなのさ。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK