Return to site

BAR で磨く感性

こだわりの酒を嗜みながら、紫煙を燻らす空間に浸る

新たなスキルを身につけるために相模原からやってきた青年は、
この夜、親方との別れにと人生で初となる紫煙を味わった。
仕事に打ち込み努力することで得るスキルはあるだろうが、
人生においてなかなか得ることのできないスキルがある。
それは出逢いから受ける刺激の中にあったり、
人生のなかで経験することから得る。
たとえばそれが男性なら、男の「紳士的な要素」は、
私生活において磨かれるものだと私は想っている。
この夜 モンテクリスト・エドムンドを燻らせた青年は、
本には書かれていない「何か」を知り、
口先だけで語られる「戯言」ではなく、
身を置いたBAR という空間でしか感じ得ない「何か」を感じた。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK