Return to site

BAR の扉

ココの扉を自ら開けるために彼は再び現れた。

この夜彼が燻らせたのは、サン・ルイ・レイのリージョナル・エディシオン。
アジア市場限定のトルペドである。
彼がフットを炙りだすと一気に部屋中が素晴らしい薫りで満たされた。
まずはジン・アンド・トニック。
懐かしい想い出話から二杯目はロング・アイランド・アイスド・ティ。
じっくりと紫煙と向き合いその時間を堪能した彼
彼は三重に戻るため再びドアを開け漆黒の世界に消えていった。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly