Return to site

深夜の儀式

その昔、儀式には欠かすことのできなかった紫煙。
その紫煙を現代の男たちは自分の隠れ家で嗜んでいる。

葉巻に火をともした瞬間から、時間がゆっくりと流れだし
いつも目をそらしがちなことに向き合うことができるようになる。
この夜、彼が2本目にと取りだしたのは、
ラモン・アロネスのトレ・ペティ・コロナ。
こいつは短いヴィトラだがとても濃密な時間を堪能できる。
ゆっくりと流れる時間のなかで男は一体なにを想うのか。
それは古代を生き抜いた男たちの想いと全くかわらない。
葉巻文化には情熱と喜びがあり、闘いの前には無くてはならぬものであった。
この夜、彼は自分への誓いをたてたようだ。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly