Return to site

いざ、東の海へ

葉巻を理解する者は、次のステージへ自ら進む

深夜、浜松からやってきたのは名古屋の大学に通う学生。
BAR に行き慣れた彼女はまずティフィンのタンサン割で喉を潤した。
紫煙が充満する店内で「葉巻など興味がない」といった彼女であったものの
暗闇に目が慣れた頃、葉巻をやってみたいと照れくさそうに呟いた。
トリプルワークでハードな毎日を送る彼女が、
葉巻とカルヴァドスで少しだけのんびりしてみる。
次、彼女が葉巻とともにくつろぐのはBAR「エストマーレ」。
彼女が目指すは東の海なのだ。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly