Return to site

茶を点てるというライフスタイル。

野点という枠にとらわれない大人のの遊び。

一服の茶を点てる所作と、一杯のカクテルを作る所作は非常によく似ている。
茶の道に通ずる「一期一会」はまさにもてなしの心であり
それは接客業者たるものの基本であり、また、いつまでも到達することのできない
迷路でもあると想う。
茶道を学ぶようになり時間だけは経ってしまったが、
茶の道を通じ、仕事に対しての意識や理解が深く高まったように感じながらも
以前と比べ自分がどのように変化できたのかわかるほど変わってはいない。
それでも茶道具を背負い山に登り、山の頂で一服の茶を点ていただいていると
あの頃と比べ少しは成長したのかな? などと勘違いをする。
この先も茶道具を携えあちらこちらへ遊びに行くだろうが、
なぜ茶道を始め、なぜ茶道を続けているのかは忘れずにいたい。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly