Return to site

大人への階段

これからの経験で本物の大人となってゆく二十歳の儀式

仕事を覚えるため大阪からやってきたという二十歳の青年。
彼は毎日自分の進むべき道を模索しながら生きている。
「これまで葉巻になど興味を持ったことがなかった」
という彼が手にしたのはハバナの名門モンテクリストのNo.5。
彼は不慣れな手つきでモンテクリストを炙りだす。
人生に必要のないことなど数え切れぬほどあるだろうが、
その経験が無駄になることなど一切ない。
その積み重ねだけで男たちは作られているのだから。
ならば、これからどんな経験を積むかだけが問題なのである。
「僕には葉巻の魅力がわからない…」と言いつつも
この夜の経験は、きっと一生忘れることのないだろう。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK