Return to site

「聴く」という仕事

耳を傾け、心してお客様の想いを「聴く」のが我々の仕事…

カウンターの中にはバーテンダーがいる。
バーテンダー達は皆の想いを聴き、うなずき、そして笑顔で見送る。
次の日も、そして その次の日もバーテンダーは皆の想いを聴く。
それは懺悔であったり人言えぬ告白であったりもする。
BAR はいつもそこにある。
そこには必ずバーテンダーが立っている。
「バーテン」ではなく「バーテンダー」が。
今夜も誰かがバーテンダーを頼りにしている。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly