Return to site

命を賭けろ

勝負師として生死をかけた生きざまには、生きていることを味わう時間が必要なのだ。

プロのレーサーである彼らは自らの命をかけ仕事をしている。

彼らが地に足をつけゆったりとするとき、

そこには必ず葉巻を燻らせる時間がある。

レーサーを被写体としているプロカメラマンの彼もまた、

その瞬間に命をかけシャッターを切っている。

その緊張感から解放されたとき、やはりそこには葉巻を燻らす時間がある。

命をかけ仕事をする彼らが生きていることを感じているとき、

そこには穏やかに流れる紫煙がある。

勝負師として生死をかけた生きざまには、生きていることを味わう時間が必要なのだ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK