Return to site

考え、動く。

黙っていても環境は変化するが、環境を変えたいという想いは行動力となる

彼が所属する団体は年々衰退するばかり。
しかし、彼は自分ができることないか?と孤独に考動している。
この夜彼が燻らせたのは、自宅のヒュミドールにて管理されていたボリバー。
まだまだ若い彼が葉巻を嗜むようになり、そろそろ10年を迎える。
愛用のライターで葉巻を丁寧に炙りながら、彼は日頃の想いを口にする。
組織に頼れないのなら自分を信じ考動してみる。
それはたかが知れた微力でしかないかもしれないが、
その想いから生まれる情熱は彼の経験となり自信になる。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly