Return to site

自分を磨く

質素な空間にこそ真実の美しさが存在する

人生で初めてBARの扉を開けるとき、
人はどんな想いで開けるのだろう。
生まれて初めて独りで出かけた夜、
彼女はどんな想いで時間を過ごしたのだろう。
人生の中で独りになれる時間はなかなかあるものではない。
意識的にそんな時間をつくりだし、勇気とともにBAR の扉を開けてみる。
もしかしたら「そこ」には何も無いように見えるかもしれない。
しかし、目に見えるモノだけが全てではない。
一杯のカクテルを飲み干すまでの短い時間のあいだ
止まり木に腰をかけた者たちは五感を研ぎ澄まし
独りになれた時間を感謝とともに堪能する。
BAR の扉を開けた者には、
必ず「何か」が得られるものなのだ。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly