Return to site

パイプのけむり

葉巻と違う時間の愉しみ方

なんともいえぬかぐわしき香り。
それは、一瞬にしてBARという空間を日常から異空間にしてしまう。
男が考え事をしたいとき。
好みの葉に着火させ、ゆったりと紫煙を吐き出しながら宙を仰ぐ。
このままでよいのか。
考動すべきか。
男はどのような答えを導くのであろう。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK