Return to site

浜松オート フェスタ2016 ファン感謝祭

今から数か月前、ある男から相談を持ちかけられた。

自分達が日頃お世話になっているファンやサポーター達に恩返しがしたい。

そして、自分が所属するオートレース業界を少しでも盛り上げたい。

そのために少し協力してもらえないかと。

我々KAKEGAWA BAR MEETING は日頃お世話になっているお客様や

これまで出会った多くの市民の皆様に感謝の意を込め活動しています。

我々ができることなどたかが知れている。

しかし、我々がつくりあげる1杯のカクテルで何かができないか?

そう想いながら我々は活動を続けてきました。

いつもオートレースを応援してくれるファンの皆様のために。

それぞれの選手を応援してくれる皆様にこれまでの恩返しをしたい。

そんな想いから彼は独りで動き出したのです。

今年3月には船橋オートが閉鎖されました。

オートレース業界もけして良い状況ではないのでしょう。

それは誰よりもオートレーサー達が肌で感じているはず。

ならば自分ができることをしていきたいのだと、佐藤貴也選手はある夜語ってくれました。

9月4日、オートレーサーとバーテンダーが協力し合いお客様を迎えました。

そこだけは今までにない空気感だったのだと想います。

それは、これまでオートレースのファンだったお客様たち、

オートレースを運営していた方々、そして、多くの選手の皆様が

それを肌で感じてくれたことでしょう。

自分ができることをまずはやってみる。

それは目先の損得勘定ではないのです。

誰かがやらぬのなら自分でやるしかないのです。

我々は短い時間のなかで沢山のカクテルをつくりました。

佐藤貴也選手はそれと同じ数のサインをファンの皆様にしていました。

我々がしたことは何も特別なことではありません。

いつもやっていること。

そう、いつもやっていることを意識して行っただけのことなのです。

今回のイベントを通して何かがかわるかなどわかりません。

何もかわらないかもしれない。

しかし、我々は感謝の意を込めこれからも活動を続けるのです。

KAKEGAWA BAR MEETING 代表 篠原恒治

Photography by Kehoe Abe

Photography by eimarl

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK