Return to site

父としての想い

非日常的空間で、愛する者たちとの時間を慈しむ

父親としての夢がひとつ叶った夜、彼は娘達と語りながら
ラモン・アロネス・スペシャリー・セレクテッドを燻らせた。
彼が言った。
「夢を叶えるならココに決めていた」と。
大きく育った彼女達と、いつの日かBAR で語りたかったのだという。
普段なかなかこうした時間を作ることはできないが、
こんな時間さえ、とても大切な時間に思えてならない。
ひとりの父親の夢がかなった夜、心の中でソラにキラリと輝く星を見た。
父親の心地良くユラめく想いは、
いつでも彼女達と出会った頃まで一気に遡れる。
彼女達と出会え本当によかったと。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly